文字が読みにくくなったら

男の人

目のピントを自分で確認

老眼は年齢を重ねることによって目のピントを調整する水晶体の機能が低下し、近くのものや小さい文字が読みにくくなります。老眼になると日常生活での買い物や読書などの際に文字が読みにくくなり老眼鏡や老眼向けのコンタクトレンズなどが必要です。老眼であるかを確認するための自分で行う事が出来るチェック方法についてご紹介します。最も簡単なチェック方法は自分の人差し指を立てて、目の前から徐々に人差し指を離していきピントを確認する方法です。このチェック方法では近点という自分自身の目のピントの距離を知る事が可能で人差し指が見えやすいポイントでピントの合う距離が分かります。この近点の距離が30センチ以上になると近くのものが見えにくい状態であると考えられ、老眼である可能性が高いと言えます。老眼鏡の度数に合わせてチェックできる診断シートも普及しており、チェックシートに書かれた大きさの違う文字を30センチ以上離れた場所から読んで、最も読みやすいサイズの文字から老眼鏡の度数が分かるようになっているので便利です。もともと、乱視や近視などの方にはこのチェックシートは有効ではないので注意が必要です。近視の方のチェックポイントは、これまで見えにくかった遠くのものが眼鏡やコンタクトレンズなしでも見えやすくなるなどの状態になるので、これらの症状が年齢を重ねて出るようになったら老眼の可能性があります。近視の場合でも老眼が強くなると近くのものが見えにくくなりますが、遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズで視力の調節が可能です。

人気記事

女の人

リーディンググラスを選ぶ

近くのものが見えにくい、小さい文字の判別が困難となったら老眼を疑いましょう。最近では老眼鏡のことをリーディンググラスとも呼び、オシャレなデザインもたくさん販売されていますので、チェックしてみてください。

詳しく見る

メンズ

ただの疲れ目ではないかも

老眼が始まっているかどうかは、手元の小さな文字にピントが合う距離を測ることで、自分でも簡単にチェックすることが可能です。ただ、老化に伴い眼病のリスクも高まりますので、一度は眼科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男性

目の見えづらいを検査する

遠くのものが見えづらいと感じるようになったら、それは老眼の始まりかもしれません。進行が進むとさらに見えにくくなる恐れもあるので、予約を入れた上で早めに医療機関を訪れて老眼チェックを受けることをおすすめします。

詳しく見る

男の人

若い人の目の老化現象

40代や50代であったとしても目の老化現象が起きてしまい、近くにあるものが見えにくくなってしまう人も増えています。より精密な老眼のチェックを行って、視力の回復方法や眼鏡の選び方などを医師からアドバイスしてもらってください。

詳しく見る

Copyright© 2017 チェックで老眼か否か分かる|悪化するその前に All Rights Reserved.