ただの疲れ目ではないかも

メンズ

手元のピントに注目を

老眼という存在はもちろん知ってはいますが、まさか自分がそうなるとは、誰も考えていないものです。日常生活の中で物が見えにくくなることはありますし、単なる疲れ目の場合も確かにありますが、認めたくないがために老眼の可能性から目を逸し続けるのは問題です。老眼かどうかのチェックは眼科に行って検査するのが一番ですが、簡単なチェックであれば自分でもある程度は可能です。朝に比べて夕方のほうが物が見えにくくなったり、小さな文字が見えにくくなったりする場合には、老眼の可能性も視野に入れたほうが良いでしょう。特に、手元の小さな文字に焦点が合いにくくなるのは典型的な特徴です。本や新聞、商品の表示ラベル、薬のラベルなどなど、手元の物に書いてある小さな文字に焦点が合わず、ボヤケて読めない場合は老眼の可能性が高いでしょう。その時に、対象を目から徐々に遠ざけて行って、ピントの合う場所で止めてみましょう。目から30cm程度離すとピントが合いやすい場合、かなり高い確率で老眼が進んでいると考えられます。手早く解消したい場合は、雑貨屋や本屋でも売っているリーディンググラスを試しにかけてみるのがお勧め。リーディンググラスにも度数がありますが、最初は軽いものをかけてみて、手元の小さな文字が見えるかどうかチェックすると良いでしょう。また、老化が進んだ目は疲れやすくなっているので、生活環境を見直したり、目薬を使ったりすることも効果的です。老化に伴って目の病気のリスクも高くなって来ますので、一度は眼科でチェックを受けることをお勧めします。

人気記事

女の人

リーディンググラスを選ぶ

近くのものが見えにくい、小さい文字の判別が困難となったら老眼を疑いましょう。最近では老眼鏡のことをリーディンググラスとも呼び、オシャレなデザインもたくさん販売されていますので、チェックしてみてください。

詳しく見る

メンズ

ただの疲れ目ではないかも

老眼が始まっているかどうかは、手元の小さな文字にピントが合う距離を測ることで、自分でも簡単にチェックすることが可能です。ただ、老化に伴い眼病のリスクも高まりますので、一度は眼科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男性

目の見えづらいを検査する

遠くのものが見えづらいと感じるようになったら、それは老眼の始まりかもしれません。進行が進むとさらに見えにくくなる恐れもあるので、予約を入れた上で早めに医療機関を訪れて老眼チェックを受けることをおすすめします。

詳しく見る

男の人

若い人の目の老化現象

40代や50代であったとしても目の老化現象が起きてしまい、近くにあるものが見えにくくなってしまう人も増えています。より精密な老眼のチェックを行って、視力の回復方法や眼鏡の選び方などを医師からアドバイスしてもらってください。

詳しく見る

Copyright© 2017 チェックで老眼か否か分かる|悪化するその前に All Rights Reserved.