医療機関では保険適用

目を押さえる人

初診料込みでも安い

眼科の病院で老眼のチェックをする場合、保険が適用されるため自己負担額は、診療費の1割または3割の負担となります。初診料を含めた老眼チェックの費用の相場は、1割負担の人で700円前後、3割負担の人で2000円前後です。また、老眼チェックと同時に、老眼鏡の処方箋を作成する場合の費用相場は、1割負担の人で800円前後、3割負担の人で2500円前後となっています。通常は1回の診察で終了するため、何度も通院する必要はありません。しかし、老眼は年々症状が進行するため、定期的に眼科を受診してチェックすると安心です。医療機関以外でも、老眼のチェックをすることができます。メガネ店にも検査用の器具が設置してあるので、老眼鏡を作る前にメガネ店でチェックを受けるのもよいでしょう。検査の精度は、医療機関もメガネ店もほぼ同じレベルです。眼科で検査を受ける人は、他の目の病気がないかも同時に検査できるという理由で、眼科を選択するケースが多いです。一方、メガネ店を選択する人は、費用の安さや手軽さを優先しています。メガネ店では、検査結果をもとにレンズを製作して、実際に物の見え具合を確かめながら、レンズの度数をその場で変更することができます。眼科で検査をした場合は、検査結果から制作した処方箋の数値にもとづいてレンズが作られます。そのため、実際にレンズを試してから老眼鏡を作ることができるメガネ店のほうを好む人も多いです。

人気記事

女の人

リーディンググラスを選ぶ

近くのものが見えにくい、小さい文字の判別が困難となったら老眼を疑いましょう。最近では老眼鏡のことをリーディンググラスとも呼び、オシャレなデザインもたくさん販売されていますので、チェックしてみてください。

詳しく見る

メンズ

ただの疲れ目ではないかも

老眼が始まっているかどうかは、手元の小さな文字にピントが合う距離を測ることで、自分でも簡単にチェックすることが可能です。ただ、老化に伴い眼病のリスクも高まりますので、一度は眼科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男性

目の見えづらいを検査する

遠くのものが見えづらいと感じるようになったら、それは老眼の始まりかもしれません。進行が進むとさらに見えにくくなる恐れもあるので、予約を入れた上で早めに医療機関を訪れて老眼チェックを受けることをおすすめします。

詳しく見る

男の人

若い人の目の老化現象

40代や50代であったとしても目の老化現象が起きてしまい、近くにあるものが見えにくくなってしまう人も増えています。より精密な老眼のチェックを行って、視力の回復方法や眼鏡の選び方などを医師からアドバイスしてもらってください。

詳しく見る

Copyright© 2017 チェックで老眼か否か分かる|悪化するその前に All Rights Reserved.