早めに眼科を受診したい

ウーマン

眼鏡を使って矯正します

40代を過ぎると、新聞や雑誌などの細かい文字が見えにくくなったり、少し離さないと文字が読めなくなるなどの老眼の症状が見られるようになります。日頃から細かい手作業をしていたり、パソコンを長時間使用したりしている人は、変化に気付きやすい傾向があります。加齢が原因でピントが合いにくくなるので、多少の個人差はありますが、誰でも見られるようになります。気になる症状が見られる場合は、放置をせずに眼科に通院をして、問診のチェックを受けたり、検査をしてもらうことが大事です。老眼だけではなく、他の病気で視力が低下している可能性もあります。眼科でチェックをしてもらったり、検査を受けて老眼だと診断されたら、老眼鏡を使って矯正を行う必要があります。眼科では自分の目の状態に応じた、処方箋を作ってくれるので、老眼鏡やコンタクトレンズを使用することが大事です。視力の良い人は、比較的若いうちから、老眼の症状が見られる場合があるので、気になる症状が見られたら、チェックをしておくことが大事です。普段の生活では、老眼鏡を使用したり、コンタクトレンズを装着することで、近くのピントが合いやすくなり、肩こりや頭痛などを予防することができます。老眼は40代以降の人に多く見られますが、現代は若い年代の人も、スマートフォンやタブレットを長時間使用しているので、ピントが合いにくいと感じたり、暗い場所では、目が見えにくいなどの症状が見られる場合があります。ルテインやビルベリー、ブルーベリーのサプリメントを服用したり、普段から、こまめに老眼チェックをすることが大事です。

人気記事

女の人

リーディンググラスを選ぶ

近くのものが見えにくい、小さい文字の判別が困難となったら老眼を疑いましょう。最近では老眼鏡のことをリーディンググラスとも呼び、オシャレなデザインもたくさん販売されていますので、チェックしてみてください。

詳しく見る

メンズ

ただの疲れ目ではないかも

老眼が始まっているかどうかは、手元の小さな文字にピントが合う距離を測ることで、自分でも簡単にチェックすることが可能です。ただ、老化に伴い眼病のリスクも高まりますので、一度は眼科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男性

目の見えづらいを検査する

遠くのものが見えづらいと感じるようになったら、それは老眼の始まりかもしれません。進行が進むとさらに見えにくくなる恐れもあるので、予約を入れた上で早めに医療機関を訪れて老眼チェックを受けることをおすすめします。

詳しく見る

男の人

若い人の目の老化現象

40代や50代であったとしても目の老化現象が起きてしまい、近くにあるものが見えにくくなってしまう人も増えています。より精密な老眼のチェックを行って、視力の回復方法や眼鏡の選び方などを医師からアドバイスしてもらってください。

詳しく見る

Copyright© 2017 チェックで老眼か否か分かる|悪化するその前に All Rights Reserved.