リーディンググラスを選ぶ

女の人

オシャレなデザインが特徴

加齢が進むと今まで見えていたものが見えなくなってしまったり、近くの物がかすんでしまうなんてことがあります。今までと明らかに見え方が違うと感じたら一度老眼チェックを行ってみましょう。一番わかりやすいチェック方法として、「ポ」と「ボ」の見分けがしっかりできているかチェックしてみましょう。もしそれが簡単に行えないようだったり、小さい文字が読みにくいと感じるようになったら、老眼の可能性があります。また、30センチ以内の文字が読みにくいと感じた時も要注意。老眼鏡をかける必要があるかもしれません。老眼鏡と言っても最近は「リーディンググラス」と言われ、ひと昔前のものよりもかなりオシャレなデザインになっています。明らかに老眼鏡と分かるようなものではなく、オシャレなデザインになっている為、抵抗感なく使用することができるでしょう。眼鏡ショップでは様々なブランドから展開されていますし、お気に入りのデザインを選ぶことも難しくありません。自分に合った一本を選びましょう。老眼鏡を選ぶ際のポイントとして最近注目されているのが、ブルーライトをカットしてくれるレンズ。パソコンやタブレット、スマートフォンなどから発せられるブルーライトは目に負担を与えています。このブルーライトをカットしてくれるリーディンググラスも発売されており、大変人気になっているようです。またサングラスとして使用することができるものもありますので、眼鏡ショップでチェックしてみましょう。

人気記事

女の人

リーディンググラスを選ぶ

近くのものが見えにくい、小さい文字の判別が困難となったら老眼を疑いましょう。最近では老眼鏡のことをリーディンググラスとも呼び、オシャレなデザインもたくさん販売されていますので、チェックしてみてください。

詳しく見る

メンズ

ただの疲れ目ではないかも

老眼が始まっているかどうかは、手元の小さな文字にピントが合う距離を測ることで、自分でも簡単にチェックすることが可能です。ただ、老化に伴い眼病のリスクも高まりますので、一度は眼科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男性

目の見えづらいを検査する

遠くのものが見えづらいと感じるようになったら、それは老眼の始まりかもしれません。進行が進むとさらに見えにくくなる恐れもあるので、予約を入れた上で早めに医療機関を訪れて老眼チェックを受けることをおすすめします。

詳しく見る

男の人

若い人の目の老化現象

40代や50代であったとしても目の老化現象が起きてしまい、近くにあるものが見えにくくなってしまう人も増えています。より精密な老眼のチェックを行って、視力の回復方法や眼鏡の選び方などを医師からアドバイスしてもらってください。

詳しく見る

Copyright© 2017 チェックで老眼か否か分かる|悪化するその前に All Rights Reserved.